怒涛の?中間テスト週間が終わり少し一息ついているところです。
テストを終えた生徒一人一人に手応えを聞いてみると「できました」という子、「あかんかった」という子、「微妙…」という子など反応は様々。
それはそれで結果として受け止めて次につなげれば良いわけですから全然OKなのですが、今回は私自身が大いに課題を残したテスト対応だったような気がします。
今回中間テストにあたって、当塾では少しでもしっかりと勉強時間を確保してほしいという思いから、中学生には時間延長サービスならびに土日の教室無料開放といった対策を施しました。
「座席数足りるかな?」などと心配ていたのですが、結果、しっかり時間をかけて学習してくれた子が多くいた反面、普段通りの学習時間を終えてさっさと帰る子、さらに普段の学習時間より短いのに「もう大丈夫です」と言って帰ってしまう子など、こちらが想定していたほど活用してもらえませんでした。
中には、明日テストがあるにかかわらず、課題の途中で止めて帰ってしまう子もいたほどで、「もうええんか?」と聞いても「は~い」とあっけらかんと答える始末。
「親切の押し売り」と言ってしまえばそれまでですが、「テスト前だから納得いくまで時間かけて勉強していいよ」というこちらの思いが上手く伝わっていなかったようです。
これらは生徒の問題ではなく、「もっと勉強したい」という気持ちにさせてあげられなかった私のコーチング能力が不足していたことが原因であり、大いに反省すべき点です。
松陰塾は「自立学習」を大きな目標に掲げています。
奇しくも今回の子供たちの反応を見るに、まだまだ自立学習には至っておらず、やらされ感でやっている子もいることが判りました。
改めて、子供たちが「自ら机に向かいたい」という気持ちになるような指導力をしっかりと身に着けていかなければと肝に銘じております。
いくつになっても勉強の毎日。子供たちとともに私自身もしっかりと成長していきたいと思っております。